カウンター
カテゴリー
プロフィール

KY=KISKE

Author:KY=KISKE
福岡住まいのジオン准将、連邦准将のKYです

最近の記事
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

KY=KISKEのガンダム日記

ガンダム中心のプログです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --/--/-- --:--
/
またまた、更新が遅れてしまいました
すみません
ではシンシア隊奮闘記どうぞ

プログランキングに参加中です、クリックお願いします

エルラン「対戦会か~どうするかな~」

ジュダック「シュミレーションだから、楽に行きましょう」

エルラン「負けたら、どうなる?」

ジュダック「生身でヒートロッドか、受けたくないな」

エルラン「留守のうちに、全部のグフ解体するか?」

ジュダック「遠慮する、勝てばいいんだ勝てば」

エルラン「そうだな、じゃあ頼みますよ、隊長代理」

キャリオカ「はははは・・・・・・・」

ユーリ「そろそろ行くぞ~」

エ、ジュ、キャ「へーイ」

~1時間後~

ユーリ「ついたぞ~」

キャリオカ「ここか、すごいっすね」

エルラン「だな」

ジュダック「すでに隊がいっぱい集まってるな」

エルラン「おい、あそこにいるのは・・・・」

ジュダック「前回優勝したU小隊だ」

エルラン「あの、宇宙のMA二機を使ったあれか、今回もMAだろうな」

ジュダック「当たりたくは無いな」

キャリオカ「あそこにいる二人は」

ジュダック「この大会の優勝候補のR大将とA大将だ」

キャリオカ「KISKE隊でも勝てないらしいっすからね」

ジュダック「当たり前だろ、准将なんだから」

エルラン「私は中将だぞ!」

キャ、ジュ、ユ「黙れ!」

エルラン「ううう・・・」

ユーリ「そんな事よりも、早く作業にかかれ!」

キャ、ジュ、エ「へーイ」

~1時間後~

アナウンス「続いては、キャリオカ隊とクルツ隊との戦闘です両小隊は準備にかかってください」

エルラン「ジオン相手か・・」

ユーリ「いや連邦らしいぞ」

エルラン「マジ?」

ユーリ「だが相手の隊の情報が無いから連邦所属のトーマスクルツと戦うかわからんが、厳しい戦いになりそうだ」

ジュダック「ふん、どんな隊だろうと関係ねぇ、近づくものはすべて灰にしてやる」

キャリオカ「行くぞ!」

アナウンス「両隊とも準備できましたね?、それでは戦闘を開始してください」

エルラン「舞台はシアトルか、暗いな・・」

マリガン「あの・・・自分のこと忘れてません?一応艦長なんですけど」

エルラン「ああ、そういえば居たな、で、敵は?」

マリガン「ちょっと待ってください・・・・来ました!これは陸戦型ジムのようです」

キャリオカ「よーし、全員戦闘態勢に入れ、まず俺が先手を打つ、ジュダック、エルランはその隙に突っ込め!」

ジュ、エ「了解!」

マリガン「敵MS、射程内に入ります!」

キャリオカ「まだだ・・・・まだだ・・よし捉えた!マゼラ砲発射!」

       ~続く~
スポンサーサイト
シンシア隊奮闘記 / 2006/09/24 04:00
コメント⇒3 / トラックバック⇒0

コメント

あ、つづくだ・・・
これ、結構『どーん』ときますね。
日頃は使う側だから気付かなかった(笑)

あー、続きが気になる・・・

『シンシアのステータスがやばくなってきたぜ』なMaZeです。

当てるし、避けるシンシアが出来上がりました
育成方針も大体わかってきたので次回からはもう少しつおいシンシアが育つと思います
目指せLv50シンシアですよぅ

疾風さん
続くと書いていましたが
かなり間が開いてしまっております
すみません

MaZeさん
すごい、自分もそんなシンシアがほしいですよ
使いたいな

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。